カテキン-驚異のパ
ワーとその秘密

カテキンを勉強しましょう カテキンを勉強し
ましょう 勉強しましょう
勉強しましょう


カテキンとは…
お茶の葉や葉芽に含まれている水溶性成分で、苦味があります。お茶の苦味の成分は一般に”タンニン”と呼ばれてきま したが、タンニンを形成する成分の一部がカテキン なのです。
カテキンは緑茶中に10〜15%含まれていますが、カテキンというのは総称であって、緑茶の中には”エピガロカテキンガレート(EGCG)””エピガロカテキン(EGC)” ”エピカテキンガレート(ECG)” ”エピカテキン(EC)” ”ガロカテキン(GC)”の5 種類のカテキンが含まれています。その 中でも”エピガロカテキンガレート(EGCG)”が特に生理的効果が優れていると言 われています。 EGCGは紅茶やウーロン茶にも含まれていますが、緑茶に最も多く含まれています 。
カテキンはその化学構造にフェノール性水酸基(OH)を複数個持つためポリフェノールと呼ばれています。ポリフェノールは活性酸素を消去して無毒化する作用が強く、カテキン以外にタンニン(お茶・赤ワイン・柿などに含まれる)、アントシアニン(ぶどうやりんごなどの赤紫系のフルーツに含まれる)、ケルセチン(たまねぎ、ほうれんそうなど個性 の強い野菜に含まれる)、イソフラボン (大豆などに含まれる)、ルチン(そば に含まれる)、クロロゲン酸(コーヒー などに含まれる)、カカオマスポリフェノール (ココアやチョコレートに含まれる)、 ウーロン茶ポリフェノール(ウーロン茶に含まれる)などが知られて います。
活性酸素という言葉も最近よく耳にしますが、活性酸素は反応性が高く、無差別に相手を酸化する能力のある状態の酸素で、体内での物質代謝の際や細菌が体に入ってきた時に活性酸素が作られます。活性酸素は殺菌力が強く白血球はこれを作って体に入ってきた細菌を殺すのですが、過剰に発生すると細胞構成成分である脂質や蛋白質、DNAなどを無差別に攻撃して体に異常を起こさせます。
カテキン
という用語が使われ始めたのは1990年頃からで、お茶が健康に良いことは古くから言われていますし、みなさんもいろいろ聞かれていることでしょうが、お茶の効用の多くがカテキンに よることがここ10年くらいの研究で明らかにされてきています。まだ、まだ、解明されていなことがたくさんありますが、かなりのパワーを秘めているのは間違いないでしょう。今後の研究に注目したいものです。
お寿司やさんで、たっぷりのお茶が出てくるのも、お茶でうがいをすると風邪をひきにくというのも、昔から人々がお茶(カテキン)のパワーを知っているからです。また、お茶には体に蓄えられた脂肪をエネルギーとして使いやすい形に変えてくれ、その状態で運動すると脂肪が消費され、ダイエット効果があることをご存知の方も多いと思います。

カテキンの効能について カテキンの効能について 頼もしいわ

カテキンとは?に戻る

ひと休みしたいと思ったら… ティールーム入口
ティールーム


カテキンの摂り方
カテキンはお茶の成分ですから、日本茶(緑茶)を飲めば簡単にカテキンを摂ることができます。
ウーロン茶や紅茶にもカテキンは含まれていますが、日本茶に比べて量が少なく 、茶葉を発酵させているためカテキンが酸化しており本来のパワーが損なわれて います。
緑茶を飲めばカテキンを簡単に摂ることができることはわかりましたが、ではどれだけの量を摂ったらいいのでしょうか?
体内に入ったカテキンは一部が小腸より吸収され、代謝を受けますが、大部分はそのまま消化管を通過して排泄されます。ただ、どれだけの量が吸収されるか詳しくはわかってません。したがって、健康のためには毎日どれだけの量のカテキンを摂ればよいかなどはまだまだ研究段階ですが、1日1グラムのカテキンを摂れば健康に良いと言われています。
ここでは1日1グラムのカテキンを摂れば体にいいとして話を進めましょう。
普通緑茶を飲む場合に湯呑茶碗一杯に含まれているカテキンの量はおよそ0.1グラムですから、1グラムというと約10杯分となります。体のためには毎日10杯の緑茶を飲む必要があることになります。お茶の好きな方にはたいした量ではないですが、日頃、あまりお茶を飲まない人にはちょっとキツイかもしれませんね。
また、一度に1グラムを摂るよりも、少しの量を小分けして摂った方が効果が高いそうです。
最後にカテキンを摂る時の注意をひとつ。乳製品に含まれるタンパク質はカテキンと結合しやすくその効果を無くしてしまいますので、お茶と牛乳は一緒に飲まないようにしましょう。
チョット疲れたなあと思ったら… ティーラウンジ入口
ティーラウンジ

カテキンとは?に戻る   カテキンの摂り方に戻る








手軽に手間をかけずにカテキンを摂りたい方に

インスタントコーヒー感覚で手軽にお茶を楽しむことができます。
新発売
詳しい商品の説明・ご注文は通信販売コーナーへお越しください。
通信販売コーナー

このページのTOPに戻る

食と健康情報TOPに戻る